鳩山元首相 「尖閣は係争地」発言 ルーピーの暴走は止まらない - 速報ニュースや注目時事の真相・裏側 【衝撃映像含む】

サイトメニュー

ジャンル別 ジャンル別に記事タイトル一覧が表示されます。(サイドバーのカテゴリと同じです。)
事件一覧へ 事故一覧へ 社会一覧へ
芸能一覧へ エンタメ一覧へ スポーツ一覧へ

鳩山元首相 「尖閣は係争地」発言 ルーピーの暴走は止まらない


鳩山由紀夫氏訪中「尖閣諸島は係争地」発言 議員引退もルーピーは現役か


ラバーマスク M2 鳩山くん
 中国訪問中の鳩山氏が発した「尖閣諸島は係争地」
 波紋を広げている。

 南京大虐殺記念館を訪れた鳩山氏は、自ら館長に「おわび」
 する始末。中国に詫びてどうする?

 メディアの見出しで「あなたは何をしてるのか」
 と言われるほどの暴走・迷走ぶり…

 議員引退後もルーピーは現役のようだ。


ルーピー鳩山発言に、菅官房長官は「遺憾」 小野寺防衛相は「国賊」


北京での会談にて中国外相を前に…
「日本政府は『領土問題は存在しない』というが、歴史を眺めれば分かる話だ。今係争が起きていることは事実で、お互いに認めることが大事だ。領土問題は存在しないと言っていたら、いつまでたっても答えは出ない」

産経ニュース 2013.1.17 訪中の鳩山元首相 外相らに尖閣は「係争地」と発言 より 】

南京大虐殺記念館では館長に…
「多くの中国の方、特に南京の民間の方、捕虜の方々を日本兵が殺してしまったことは大変申し訳ない。おわび申し上げたい」

朝日新聞 2013.1.17 鳩山氏、南京大虐殺記念館を訪問 館長におわび伝える より 】

・・・

ルーピー真骨頂である。

直訳で「気が変」「気が触れた」「くるくるパー」。
鳩山氏が意訳すると「愚直」らしい。 …全然違うと思う。

以下、昨年11月に鳩山氏が引退を表明した際に書かれた記事より…
 鳩山氏は「友愛」と「雨天の友」を座右の銘としてきた。前者は説明するまでもないが、後者は「逆境の時に支えてくれる友」という意味である。ところが現在、失意の鳩山氏のそばにかつての「友」の姿はない。

産経ニュース 2012.11.22 さらばミスター民主党 失意の鳩山氏にかつての「友」の姿なし より 】

「友愛」については説明するまでもないとあるが、一言だけ。

「友愛」ではなく「有害」です。


鳩山氏 議員は辞めてもルーピーは辞められない


ミスター民主党と呼ばれ首相となった鳩山氏。首相退陣直後のツイートも実にルーピーだった。

「私に『裸踊り』をさせてくださった皆さん、ありがとう」

他にも…

・普天間飛行場の県外移設における「トラスト・ミー」発言で信頼を失う。
・政府の承諾なしに勝手に核兵器開発の疑いが濃いイランを訪問、かつ問題発言で恥をかく。
・民主党代表時代の「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」…

引用記事の言葉を借りれば、『鳩山氏がいかに国益を害してきたかは枚挙にいとまがない。』


「尖閣諸島は係争地」は間違いではないという意見も


今回の鳩山発言「尖閣は係争地」。

ネット上では、発言した相手や場所は明らかに間違っているという条件付きではあるものの、
この発言自体には共感の声も聞かれる。


 実効支配している国が「領土問題は存在しない」と主張するのが、国際社会における常識・ルール
 なのかもしれないが、それで解決するようなら、そもそも問題になっていない。

 ここまで問題が表面化・長期化し、侵略とも取れる不法行為が繰り返される現状、
 「係争地」という呼び名が正しいかどうかは別として「言い争っている土地」であることは事実。

といった見方だ。


改めて「領土問題は存在しない」と主張し続けるだけで、中国が折れるとは考えづらい。
安倍政権には期待したい…

いずれにせよ、反日感情の高い状況下、一民間人としてとは言え、元首相が中国の要人を
勝手に訪問し、勝手な個人的見解を述べるというのは、誰が見てもルーピー。
国内で「雨天の友」を失い、つまはじきされた腹いせのようにも映る。


安部政権は尖閣問題を解決できるのか


散々、弱腰外交と言われ続けてきた民主党政権が倒れた今、中国政府の安部政権への警戒心は
強まる一方と伝えられている。そこに見事に取り込まれた鳩山氏。

尖閣問題で日本の見解「領土問題は存在しない」を真っ向否定し、
未だ論争が続き、虐殺の事実などないとの見解も強い南京大虐殺(Wiki)を「勝手におわび」


鳩山さん、あなたは神様ですか。

中国にとって、こんなにも好都合な日本人はいない。むしろ神様。
もう、日本に帰って来なくていい。そんな声も多い。


で、中国に警戒される安部政権。だが…
尖閣から程遠い北方領土問題で新たな火種。
 2月に安倍晋三首相特使として訪露し、プーチン大統領と会談する予定の森喜朗元首相が北方領土問題で択捉島を除く国後、色丹、歯舞3島の先行返還に言及していることも懸念される。

 森氏はプーチン氏が領土問題について「引き分け」と語ったことを念頭に「現実的なことを考えた方がいい」と述べたが、日本が原則とすべき4島返還からは大きく外れている。安倍政権の特使にふさわしいか疑問が残る。

あちらでもこちらでも、「元」首相の暴走が止まらない様子。

このほど発生した、アルジェリア邦人拘束事件でも、相次ぐ情報錯綜に、政府の情報収集能力の低さを
指摘する声が挙がっている。

アルジェリア テロ拘束事件 日本人の安否・最新情報は?(当ブログ記事)

テロへの対応という、究極の外交を迫られた日本。
多国の人質が取られているという複雑な状況。アルジェリア政府とのテロに対する考え方の温度差。
未だ、情報が錯綜を続けている。


鳩山氏「尖閣は係争地」発言と、アルジェリア邦人拘束事件。
ともに、↓こちらでも大変興味深い情報が飛び交っています。

更に詳しい情報なら 人気ブログランキング


2013-01-18 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前(ハンドルネームOK):

メールアドレス(任意):

ホームページアドレス(任意):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« アルジェリア人質事件 最新情…  |  航空機事故 世界ワースト1は… »
Copyright © 速報ニュースや注目時事の真相・裏側 【衝撃映像含む】 All Rights Reserved.
当サイトはリンクフリーです。ただし、当サイト内のテキスト・画像等の無断転載転用、商用販売は固く禁じます。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
マイレージが貯まるクレジットカード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。