アルジェリア人質事件 最新情報・続報 日本人の安否は?氏名は? - 速報ニュースや注目時事の真相・裏側 【衝撃映像含む】

サイトメニュー

ジャンル別 ジャンル別に記事タイトル一覧が表示されます。(サイドバーのカテゴリと同じです。)
事件一覧へ 事故一覧へ 社会一覧へ
芸能一覧へ エンタメ一覧へ スポーツ一覧へ

アルジェリア人質事件 最新情報・続報 日本人の安否は?氏名は?


アルジェリア 日本人拘束テロ事件で錯綜する情報 安否・最新情報は?


『 邦人2人死亡 鎮圧作戦「終了」 情報なお錯綜 』

『 米、人質死亡情報に「強い懸念」 鎮圧作戦は継続中

『「人質を乗せた車両は爆撃された」 現場逃れた男性が証言
  拙速な作戦で多数の犠牲者


アルジェリアで起きたイスラム過激派武装勢力による、日本人拘束テロ事件の進捗を報じる記事に、
「疑問符」ばかりが並ぶ。

誤報の責任回避から、「情報錯綜」の文字も並ぶ。

一方で、誤報の許されない政府は「不明」「確たる情報がない」を繰り返している。
アメリカやイギリスも事態を掌握出来ていない状況、日本政府に然るべき対応を求めても…

ロイター通信は17日、アルジェリア当局筋の話として、同国軍による武装勢力の鎮圧作戦で日本人2人を含む人質30人が殺害されたと報じた。武装勢力側は少なくとも11人が死亡したという。国営アルジェリア通信は、同作戦が17日夜に終了したと報道、サイード情報相は犯行グループは「無力化された」と語った。

 ロイターによると、死亡した人質には日本人2人、英国人2人、フランス人1人が含まれる。死亡者の身元などの詳細は分かっていない。

詳細が不明という状況で、日本人2人、英国人2人、フランス人1人と特定できた経緯も疑問。
さらに、「無力化された」としならがも、記事はこう続く。
同軍が制圧したの従業員の居住区など同施設の一部に過ぎないとの情報もあり、作戦の全容は分かっていない。一時は人質35人、犯行グループ15人が同作戦により死亡したと報じられるなど、情報はなお錯綜している。

全容が把握できない作戦を「作戦」と呼ぶのも腑に落ちない。


アルジェリア軍の作戦目的は、テロ鎮圧? 人質救出? それとも?


日本のみならず、人質を取られている各国が、アルジェリア政府に対し早期武力行使の抑制を
要請するも、事前通告なしにヘリコプターでの攻撃を含む軍事作戦に踏み切ったアルジェリア軍。

ヘリを飛ばした時点で、救出作戦ではなく、当初から壊滅作戦・殲滅作戦であったとの見方が強い。
以下は、九死に一生を得て現場を逃れたアイルランド人男性の談。
「彼ら(犯行グループ)は5台の小型四輪駆動車に人質を積んで施設を出た。まさにそのとき、アルジェリア軍に行く手を遮られた。5台のうち4台が爆撃されて車は大破した

 男性の乗った車両も損壊して停止。爆撃された他の4台については「乗っていた全員が恐らく死亡したと思われる」と語った。

産経ニュース 2013.1.18 11:19 より 】

ヘリでの爆撃。爆撃した車両に人質が乗っていない確証があったとは到底思えない。そして…
外国人拘束事件でアルジェリア政府は17日、ヘリコプターでの攻撃を含む軍事作戦に踏み切った。多数の人質がいるなかで躊躇(ちゅうちょ)なく非情な手段に出た背景に、同国では1990年代以降、イスラム過激派との戦いが繰り広げられてきたという事情がある。政府が人質の命を最優先にする弱腰の姿勢をみせれば、国内過激派を勢いづけることになりかねないとの判断があったとみられる。

 また、人質にはテロへの強硬姿勢を堅持する欧米諸国の出身者が多数含まれており、「テロに屈しない」との姿勢を示す限り、国際社会からの理解は得られるという冷徹な計算が働いた可能性もありそうだ。

産経ニュース 「テロに屈しない」非情の論理 より 】

テロに対する、アルジェリア政府と各国の姿勢に、とてつもない隔たりがあったことを伝えている。

弱腰外交・平和ボケと言われている日本政府には理解しがたい現実だろうが、
危険が日常の国で、多くの日本人が汗を流している現実を、もっと直視してほしい。


アルジェリア邦人拘束事件 安否最新情報(18日21時現在)


現時点での最新情報として、新たに日本人4人の生存が確認できたと伝えられた。
新たに日本人4人の生存を確認 日揮関係者17人が無事

 アルジェリア南東部イナメナスでプラント建設大手「日揮」の日本人駐在員らがイスラム過激派武装勢力に拘束された事件で、日揮は18日夜、新たに日本人4人の生存が確認されたことを明らかにした。これで日本人生存者は7人となったが、残る10人の安否は不明。また、外国人7人の無事も確認され、事件現場にいた日揮関係者計78人のうち17人の無事が判明した。成田空港からアルジェリアに向かう日揮幹部が報道陣に述べた。

産経ニュース 2013.1.18 20:56

一見、日本人17人全員の無事を報じたように見紛うタイトルだが、依然として10名の日本人の
安否が不明のままのようだ。

そして、IHI・コマツ等の大手企業が、現地出張を禁止するなどの対応に動き出している。
政府は一体、何をしてるのか…


【続報】アルジェリア 最新情報 日本人安否情報


依然、情報が錯綜している。人づての記事ばかりが続く。
アルジェリア人現地スタッフの同日の話として、軍が施設を包囲してから2度目の制圧作戦が終了するまでの間に、「日本人9人全員が殺された」と伝えた。

産経ニュース 2013.1.20 「日本人9人が処刑」アルジェリア人現地スタッフ より 】

 アルジェリア人質事件で、フランス紙ルモンド(電子版)は21日、現場に近いイナメナスの病院関係者の話として、「20日夜、同病院の遺体安置所で12遺体が日本人のものだと確認された」と報じた。

 同紙は、誰が確認したのかなどを明らかにしておらず、報道の信ぴょう性は不明。プラント建設大手、日揮によると、現地に駐在する日本人は17人で、7人の無事が確認され、10人の安否が不明としている。

産経ニュース 2013.1.21 「邦人12遺体確認」と報道 仏ルモンド紙

日揮のスタッフ17名中、無事が7名・安否不明が10名。一方で仏紙が伝える日本人の12遺体。
現地にいた日本人が全員日揮のスタッフだとすれば、数が合わず釈然としない。

ただ、事件現場にいた日本人全員が日揮のスタッフであったかどうかといった情報も
正確に伝わってこない。

そして、記事には「信ぴょう性は不明」。
こうした錯綜する情報は、家族や関係者にとっては苦痛以外の何物でもないと思う。

政府には引き続き、家族や関係者の想いを汲み、「正確な情報収集」に努めてもらいたい。


アルジェリア事件の人質の安否や氏名、政府批判、各国の対応等々、様々な最新情報や続報。
↓こちらでも、確認できると思います。

更に詳しい情報なら 人気ブログランキング


2013-01-18 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前(ハンドルネームOK):

メールアドレス(任意):

ホームページアドレス(任意):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314132225 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
Copyright © 速報ニュースや注目時事の真相・裏側 【衝撃映像含む】 All Rights Reserved.
当サイトはリンクフリーです。ただし、当サイト内のテキスト・画像等の無断転載転用、商用販売は固く禁じます。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
マイレージが貯まるクレジットカード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。