吉祥寺女性強殺事件 ルーマニア人少年と被害女性の素顔 - 速報ニュースや注目時事の真相・裏側 【衝撃映像含む】

サイトメニュー

ジャンル別 ジャンル別に記事タイトル一覧が表示されます。(サイドバーのカテゴリと同じです。)
事件一覧へ 事故一覧へ 社会一覧へ
芸能一覧へ エンタメ一覧へ スポーツ一覧へ

吉祥寺女性強殺事件 ルーマニア人少年と被害女性の素顔


吉祥寺強盗殺人事件 被害者山田亜理沙さんの素顔とルーマニア人少年の顔写真・実名が…


吉祥寺と言えば、「住みたい街」ランキングの常連。
一方で近年、治安の悪化が不安視されていた場所でもあったという吉祥寺。

「ゲームセンターで遊んでいたら金がなくなったので強盗をしようと思った。」
「脅すより刺した方が簡単に金が取れると考えた。」


と、容疑者のルーマニア人少年、17歳。
抵抗されて刺したのではない。いきなり背後から刺すという恐ろしい犯行。
致命傷は背中から肺まで達する深い刺し傷(深さ17センチ)だったという。

あまりにも短絡的かつ残忍極まる凶行。
自らの意思と目的で殺害に至っており、精神鑑定が必要と思われるような言動も見られない。


「ルーマニア人の17歳少年」と「日本人の18歳少年」の実名・顔写真は…


「18歳の日本人の少年と一緒にやった」とも供述しているというルーマニア人の少年。

メディアには「ぼかしの入った金髪画像」「ぼかしの入った逃走映像」がしきりに流れている。
が、いずれも「少年」という理由だけで、顔写真や実名が大々的に報じられることはない。

「少年」という理由だけで、人権が守られてしまう不条理。今回、外国籍と言う事情も絡む。

今後、ネット上で実名や顔写真が公開されたとしても、山田亜理沙さんが浮かばれることもなければ、
遺族の悲しみが癒されるような極刑が、このルーマニア人少年に下されるとも考えづらい。

近年、治安の悪化が不安視されていた。

少年犯罪。もっと警戒すべきだったのではないかと思う。

加害者はいずれ「元加害者」となり、平然と社会に復帰。事件自体も風化する。
一方の被害者や遺族は「元被害者」「元遺族」にはなれない。一生悲しみを背負うことになる。

改めて、「近年、治安の悪化が不安視されていた吉祥寺」。
未然に何とかしてほしかった。


ルーマニア人少年「警察にだけは言わないでくれ」と懇願


1ヶ月ほど前に家出し、漫画喫茶に連日入り浸っていたという少年。
 昨年11月中旬に店内で置引事件が発生。2日連続で客の財布が盗まれ、いずれも近くに少年がいたため店側が問いただすと「警察にだけは言わないでくれ」と懇願した。店は警察に通報。それ以降、少年は店に来なくなった。

産経ニュース 1カ月前に家出、漫画喫茶に滞在 ルーマニア国籍の少年 より 】

 少年は昨年11月に他人名義の通帳を所持していたとして、武蔵野署から事情を聴かれていたが、約1カ月前から武蔵野市内の実家を家出し、行方が分からなくなっていた。

産経ニュース 「自分が刺した」「日本人と一緒にやった」 再逮捕のルーマニア人少年、容疑認める より 】

明らかに、「これから犯罪を犯します」と言わんばかりの素行。
ルーマニア国籍ともなれば、その顔立ちからも、地元では否が応でも目立つ存在だっただろう。

1ヶ月前に家出。その後漫画喫茶に滞在… 金が続かなくなれば、普通は家に帰るか働く。
が、相手は、結果として目先の遊ぶ金欲しさに、背後から突然人を刺し殺すような少年。

行方が分からなくなっていたという1か月間、両親は無関心?警察は無警戒?
まさか殺人を犯すとは思っていなかった? 事件には大体、その「まさか」が伴う。


「お姉さん的」な存在 「感じのいい女性だったのに、なぜ…」


美容関係の仕事をするため、青森から上京したという山田亜理沙さん、22歳。
真面目で仕事熱心で、高校生や大学生が多いバイト仲間にとっては、プライベートな話も聞いてくれる「お姉さん的」な存在でもあった。

「脅すより刺した方が簡単に金が取れると考えた。」
「自分が刺した。カネを奪う目的だった。」


美容関係の仕事でしっかりとお金を稼いでいこうと考えた22歳女性と、
見知らぬ人を刺して金を奪おうとした17歳少年。

金は、稼ぐものではなく奪うもの。こんな少年が普通に社会復帰できるとは到底思えない。
それでも、普通に社会復帰させてしまう世の中。

今後、「少年法による保護」に加え、「殺意の有無」が争われることは目に見えている。
遺族にとって辛い日々が強いられる。せめて少年がこういう人間でないことだけは祈りたい。

金川真大死刑囚 死刑執行も最後まで反省なし 公判での驚愕発言とは? 【動画あり】

改めて、
地元住民の間では近年、治安の悪化が不安視されていた。現場周辺では、数年前から店舗の壁などにスプレーで落書きをされる被害が相次ぎ、週末には若者同士のケンカも頻繁に見られるという。昨年12月19日未明には、帰宅途中の男性が3人組の若い男に顔を殴られ、現金を奪われる被害が起きている。

住みたい街ランキングに名を連ねるような街ほど、安全を過信しがちに思う。
昼と夜で姿が豹変する街も多い。自分は大丈夫などという保証はどこにもない。

ルーマニア人少年の母親が取材に応じたようだ…

更に詳しい情報なら 人気ブログランキング



2013-03-01 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前(ハンドルネームOK):

メールアドレス(任意):

ホームページアドレス(任意):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/337395067 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
Copyright © 速報ニュースや注目時事の真相・裏側 【衝撃映像含む】 All Rights Reserved.
当サイトはリンクフリーです。ただし、当サイト内のテキスト・画像等の無断転載転用、商用販売は固く禁じます。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
マイレージが貯まるクレジットカード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。